2007年03月31日

『イラクの空には何が見える?』〜 あるイラク青年の体験 〜

緊急開催!!イラク開戦から4年 戦闘地域ラマディからの報告が4月2日(月)に行われます。NPO法人PEACE ON/イラクホープネットワーク/ファルージャ再建プロジェクトの共催。

共催:NPO法人PEACE ON/イラクホープネットワーク/ファルージャ再建プロジェクト

緊急開催!!イラク開戦から4年 戦闘地域ラマディからの報告

「テロとの戦い」の最大拠点と名指しされた
イラク西部アンバール州ラマディ
先月22日 ラマディ上空に米軍の戦闘機が飛来
4軒の民家に爆撃 死者26名 負傷者多数

家屋は潰され 学校は占拠された
食料配給なし 医療配給なし

空が恐怖に染まって4年
増えていくのは民間人死者数とその遺族
そして 報復を誓う抵抗勢力

なぜ ラマディは「テロとの戦い」の最大拠点となったのか?
なぜ 彼は米軍に拘束されたのか?

世界中のメディアが近づけない戦闘地域ラマディから
1人の青年が自分の体験を語るために来日した

日時:4月2日(月)18:30〜(開場18:00)東京
場所:文京区民センター 2階2A(文京区本郷4-15-14三田線・大江戸線春日駅A2出口の真上)
参加費:500円
連絡先:03-3823-5508(PEACE ON)

※各会場ともご予約は不要です。直接開場へお越し下さいませ。
取材等については事前にご一報をお願い致します。

◎プロフィール◎

カーシム・トゥルキ(30歳)

1976年11月27日生まれ。エイドワーカー。
イラクアンバール州ラマディ在住。アンバール大学機械工学部卒業。イラク戦争中は共和国防衛隊に所属。イラク戦争直後4月28日にファルージャで起きた米兵によるデモ参加者乱射事件をバグダッドのメディアに報せに来たことをきっかけに、フリーのガイド兼通訳として米テレビCNN や日本人ジャーナリストに同行。同年6月、日本人と同行取材中に米軍に不当逮捕され9日間拘束。釈放後「イラク青年再建グループ」を主宰。これまでに学校などの修繕工事、診療所開設、避難民への緊急支援などを行っている。2004年からは日本の民間支援「ファルージャ再建プロジェクト」と協同し現場の指揮を執っている。昨年はラマディの様子を英語で記したブログがアメリカを中心に話題となるが、それを理由に再度米軍に拘束された。

◆総合問合せ先◆
iraq_hope_net@yahoo.co.jp [イラクホープネットワーク]

投稿者:益岡


posted by 益岡 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 各種イベント・映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。