2011年09月28日

無益な戦争は続く:イラクにて

あまり報道されなくなったイラク戦争。米軍の占領も、イラク市民の犠牲も続いています。
無益な戦争は続く:イラクにて
フィリス・ベニス
2011年9月24-25日
CounterPunch原文

5万人に近い米軍兵士がイラクを占領し続けている。今年1年だけで、米国がイラクでやっている戦争に我々米国市民は500億ドル近くを拠出している。そして、最近はほとんどニュースにならないが、今でも多くのイラク人が殺されている。

財政赤字削減の一貫としてペンタゴンの予算を大規模に削減することについて、多くの議論がなされている。しかしながら、そこで論じられている国防相の中核予算の削減は、実際の戦争予算----今年1年だけでイラクでは480億ドル、アフガニスタンでの戦争には1220億ドルに及ぶ----に手を付けるものではまったくないことについては、ほとんど言及されていない。

この予算で何ができたか想像してみよう。4300万人の子どもたちに、2年間にわたって医療を提供できるし、コミュニティの安全のために240万人の警官を1年間雇用できる。あるいは、340万人の労働者に、グリーンな中流の仕事を創設し資金提供できる----おそらくそれで、無益な戦争に従事している数千・数万人の兵士たちを帰国させて雇用できる。

バラク・オバマは、まだ大統領候補だったときに、イラク戦争を終わらせると約束した。2002年に、オバマはイラク戦争を「馬鹿げた」戦争と呼んでいた。イラク戦争における米国の役割は縮小したが、終わったわけではない。また、よりスマートになったわけでもない。1年前、オバマは、イラクにおけるすべての戦闘作戦は終了し、「イラクにおける米国の役割は軍事的なものから変化する」----しかし何に?----と発表した。イラクにいる5万人近い兵士達は、イラク治安部隊を訓練し、市民の安全を確保し、それから・・・そうそう、対テロ作戦を遂行するためにいるのだと我々は教わった。どうやら、「対テロ作戦」は、軍事行動の一部ではないとでもいうのだろうか?

さらに悪いことに、オバマ政権は、前政権と同様、2011年12月31日----2008年にブッシュ政権とイラクの間で合意された撤退期限----以後も米軍をイラクに駐留させ続けるべく決意している。この合意は、絶対的なものであるはずだった----今年末までにすべての米軍兵士を撤退させることをうたっていた(もちろん、抜け穴はあった。合意では、ペンタゴンの資金による契約傭兵の撤退はうたわれていたが、国務省が雇い入れた傭兵についての言及は無かった。イラクに長期的に滞在する準備を進めている数千人規模の傭兵を雇う役割を現在、どの組織が担い始めているか、想像してほしい)。

ところが今になってオバマ政権は、イラクの弱小腐敗政府に対する圧力を強め、米国に依存するイラク政府指導陣に対して、米軍の駐留を少し延長するよう「要請する」よう促している。選挙で選ばれたイラク議会は、大多数のイラク人と同じく、米軍の全面撤退を望んでいる。けれども、米国でと同様、イラクでも、人々に対する政府の民主的責任は機能していない。そんなわけで、イラク閣僚は、議会への面倒な諮問なしに、イラク占領を続ける米軍兵士の規模と期間について、米国政府との「交渉を開始する」ことを決定した。

8月、イラクで米軍兵士が一人も殺されなかったのはよいニュースに違いない。けれども、悪いことに、イラク市民は数十人と殺されている。正確な人数はわからない----ペンタゴンは、犠牲者を数えていないと言っている。けれども、犠牲者の一部はわかっている。IraqBodyCount.orgによると、8月の最初の5日間で、イラク市民36人が殺された。8月15日の1日だけで、調整されていたらしい攻撃により、89人のイラク人が殺され、315人が負傷したとニューヨーク・タイムズ紙は、報じている。8月の最終日である31日には、少なくとも7人のイラク人が殺され、25人が負傷した。これらは、あくまで我々が把握できる範囲でのことである。

イラク戦争は終わっていない。今でも、イラクの市民に大きな犠牲を強い、米国納税者の膨大な金を使っている。この馬鹿げた戦争をやっている余裕はない。5万人の兵士と500億ドルを呼び戻さなくてはならない。そのために、金のあとを追う必要がある。経済危機と、不法で無益な戦争の費用との関係について追求を強めること。そうしないならば、本当に馬鹿げているのは我々だということになる。

フィリス・ベニスは政策研究所のフェロー。著書にUnderstanding the Palestinian-Israeli Conflict: A primerがある。
posted by 益岡 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/227894057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。