2011年05月19日

イラク戦争の8年間を振り返る(2)

イラク戦争の8年間を振り返る(2)
メディア・ベンジャミン&チャールズ・デービス
ZNet原文
2011年3月24日

2011年3月19日で、米国がイラク----大量破壊兵器も持たず、2001年9月11日のニューヨーク攻撃にも関与していなかった国----を侵略してから8周年を迎えた。

アメリカの人々は、この侵略について、祖国を防衛し、イラクの人々を解放するための戦いだと聞かされた。

米国国防副長官ポール・ウォルフォウィッツは、米兵は解放者として歓迎されるだろうし、イラクの石油収入で再建費用はまかなえるだろうと述べていた。

ディック・チェイニー副大統領は、軍事作戦は「数ヶ月ではなく数週間で」終わるだろうと述べていた。ケン・エーデルマン国防次官は、「イラク解放は容易な仕事だ」と述べていた。

それから8年、「容易な仕事」を振り返るときである。

国は破産

ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツとハーバード大のリンダ・ブライムズは、2008年、イラク戦争のコストを約3兆ドルを推定している。ブッシュが侵略時に戦争にかかるだろうと述べた費用の60倍である。

驚くべき数字だが、スティグリッツとブライムズは、今、その推定は「どちらかといえば過小評価」と述べている。

ワシントンポスト紙が昨年の秋に出した新たな情報では、戦争により連邦の負債が増加しただけでなく、石油価格の急騰を招くことで、世界経済の破綻にもつながったという。

「国家優先計画」によると、米国政府がイラクを破壊するために費やした金額で、1250万人の教員に年間給与を払うことができたし、1億6700万人の米国人に年間の医療費を支払うことができたという。

選挙で選ばれた政府関係者が、米国の財政は破綻したというときには、戦争費用を国内で使うよう言うべきである。

【2点めもまた、攻撃者であるアメリカ合衆国のことでした。】

投稿者:益岡
posted by 益岡 at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202172881
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。