2010年11月05日

戦争ログファイル:現在と今後(1)

WikiLeaksが公開したイラク戦争文書について、社会学者のマイケル・シュワルツがZNetのクリス・スパノスのインタビューにこたえる(1)。
戦争ログファイル:現在と今後(1)
マイケル・シュワルツ&クリス・スパノス
ZNet原文
2010年11月4日(木)

10 月22日金曜日、WikiLeaksは「イラク戦争ログファイル」を公開した。WikiLeaksはこれを「史上最大の機密軍事情報リーク」と述べた。ログは合計40万近い報告からなり、6年間にわたる10万9000人の死と17万人の負傷、20万人近い人々の拘束について詳述した文書が含まれている。以下に掲載するのは、この戦争ログの現在の意義と今後の意味について、クリス・スパノスがマイケル・シュワルツに行ったインタビューである。

マイケル・シュワルツは2008年に出版された「War Without End : The Iraq War in Context」の著者。同書は、イラク戦争の政治的・経済的動機と帰結について述べたもので、石油をめぐる軍事主義的な地政学のもとで米国がイラク国家と経済を解体しセクト間の内戦を促したことを分析している。シュワルツはニューヨーク州立大学ストーニーブルック校の社会学教授で、人民の抗議と蜂起に関する著書(Radical Protest and Social Structure)や米国のビジネスと政府のダイナミクスに関する著書(The Power Structure of American Business、ベス・ミンツとの共著)で賞を受けている。彼は、2001年9月11日の同時多発攻撃以降の米国外交政策と軍事介入に関する記事を学術雑誌、そしてZNetやTomDispatch、Asia Times、Mother Jones、Cities and Contextsなどの一般雑誌に多数発表している。メールは、ms42アットマークoptonline点net。

クリス・スパノスはZNetの専従職員。

1. クリス・スパノス:WikiLeaksのイラク戦争ログは、あなたを含め、多くの人々が数年前から指摘していたことを確証しました。すなわち、米国の対外政策が、拷問や戦争犯罪、人権侵害などの野蛮な帰結を大規模にもたらしているということ、しかもそれは戦争計画立案者たちの戦略ミスではなく、米国による支配が大元から組織的であることによるものだという点です。今回の戦争ログファイルで新しいところは何だと思いますか、また、今回のログ公開を考えるにあたって心に留めておくべき重要な点は何だとお考えですか?

マイケル・シュワルツ:WikiLeaksの文書に関する米軍司令部の公式発表(そして米国内で予想通りそれを繰り返すかたちで私企業メディアが報道したこと)はとても正確です。イラクの現場で本当は何が起きているのか、時間と労力をつぎ込んで調べてきた人々にとって、公開された文書の中に、これまで知らなかったことはほとんど含まれていません。

一方、イラク侵略と占領、長引く戦争について、米国の私企業メディアが提供するレンズを通してのみ情報を得てきた人々(そして小さなニュース記事や雑誌記事を調べたり、独立メディアや海外のメディアを調べなかった人々)にとっては、驚くほどたくさんの新情報があるでしょう。文書のどこかを適当に選んで読んだだけで、人道的兵士たちが正確精密な兵器を使って都市や住宅地や町に平和的に行進し、地元で暴虐をほしいままにするアルカーイダ分子から人々を開放する無謬の戦争、すばらしく圧倒的な(そして精密正確な)武器を攻撃を受けたときしか使わない無謬の軍、といった主流派メディアが描き出すイメージは崩れ去ります。文書は、米軍が敵地に行ったときには「とにかく発砲し尋問はしない」ことを公認した交戦規程のもとで兵士たちが振舞っていることを明らかにしています。

WikiLeaks の原ファイルを読んだり、海外のメディア報道(とりわけ英国ガーディアン紙)を読む労を取らない人々は、この驚くべき相違に気づきません。ニューヨークタイムズは文書について面白みのない(そしてあからさまに歪曲された)記事を掲載していますが、そこではイラクにおける戦闘でのイランの役割に焦点を絞り、米軍による残虐行為を示した驚くべき詳しい報告、残虐行為に対する米国の共謀、さらに米国がイラクを占領する際にイラクの人々を人間以下の邪魔者として扱っていることを詳述した情報をすべて無視しています。うまく広まりさえすれば、WikiLeaksの文書は、米国指導者が進める侵略と占領、搾取そしてそれに伴う虐殺からなる対外政策に対して、米国内でより効果的に抵抗するための基盤となるでしょう。

投稿者:益岡
posted by 益岡 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168360717
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。