2010年02月02日

イラクは劣化ウランの使用をめぐり米英を告訴

英ガーディアン紙に、イラクの複数の省が共同で行った汚染の調査結果が出ていたものを先日紹介しました。今回は、アルジャジーラから、それに基づくイラク人権省の発表。
イラクは劣化ウランの使用をめぐり米英を告訴
アルジャジーラ原文
2010年2月2日


欠損を持って生まれた子どもの原因は劣化ウランにある[アーカイブ写真]

イラク人権省は、イラクで劣化ウラン弾を用いたことにつき、英国と米国を告訴すると人権相は述べた。

イラクのウィジュダン・ミカイル・サリム人権相はアッサバー紙に対し、イラク科学省と環境省の報告にもとづき告訴を行う予定だという。

これらの報告によると、米英がイラクを侵略した最初の年に、両国は繰り返し、イラクで劣化ウランを含む爆弾を使ったという。

イラクの軍事専門家たちによると、イラク戦争初期に、米英は2000トン近くの劣化ウラン弾でイラクを爆撃した。

イラク南部では、放射線のために、欠損をもって生まれる新生児の数が増加した。

イラクの医師たちは、ガン患者数の増加に懸命に対応していると語っているが、ガンの増加は米英の爆撃を受けた都市部でとりわけ顕著である。

高率の先天性欠損症とガンの発生は、今後、放射能が空中を伝って土や水に浸透するにつれて、イラク中部や北部にも広まるだろう。

イラク人権省は、劣化ウラン弾の犠牲者に対する賠償を求める予定。

投稿者:益岡


posted by 益岡 at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。