2010年01月25日

イラクの「ケミカル・アリ」がハラブジャ攻撃の罪で死刑を宣告された

Aljazeera原文
2010年1月24日

イラク国営テレビ局アル=イラキヤによると、日曜日(24日)、サダム・フセインの用心棒「ケミカル・アリ」として名を知られているアリ・ハッサン・アル=マジッドが、イラクの村ハラブジャでクルド人に毒ガス攻撃を命じた罪で死刑を宣告された。アル=イラキヤ放送局は、マジッドは、イラン=イラク戦争末期の1988年にイラク北東部のハラブジャで起きたこの悪名高い攻撃で有罪となったため、絞首刑になるとのこと。この攻撃では5000人が殺されたと推定されている。犠牲者の4分の3は女性と子どもで、民間人に対して加えられた最悪の毒ガス攻撃と考えられている。


posted by 益岡 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々のニュース系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。