2010年04月23日

イラク戦争退役兵士:「何でもいいから撃て、あとは上官が何とかしてくれる、と言われた」

米軍がイラクでしていること。Wikileaksが暴いた一方的虐殺が日常的に起きていたという元兵士たちの証言を『ファルージャ2004年4月』著者の一人ダール・ジャマイルが紹介します。【続きを読む】
posted by 益岡 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

ワセック・ジャシムさん緊急報告ツアー

この度、イラク最激戦地であったファルージャ市から、この街で行われた米軍による虐殺の目撃者で、人道支援活動家のワセック・ジャシムさんを招き、名古屋、東京、大阪、沖縄と緊急証言ツアーを行います(イラク・ホープ・ダイアリーより)【続きを読む】
posted by 益岡 at 10:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 各種イベント・映画など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

終わらない侵略の罪:病を抱えるファルージャの子どもたち

ファルージャをはじめ、イラク各地で増加する先天性欠損症。『アメリカの国家犯罪全書』の著者ウィリアム・ブルムがこうした状況を生み出したアメリカ合衆国の対外政策を分析する。【続きを読む】
posted by 益岡 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

イラク人犠牲者の家族が正義を要求

アルジャジーラ原文
2010年4月9日

リークされたビデオの中に映されていた、2007年に米軍ヘリから撃たれて殺されたイラク人民間人の家族が正義の実現を求めた。

今週前半にWikileaksが公開したこの衝撃的な映像は、2007年にバグダード広場で米軍のヘリコプターがイラク人のグループに発砲し、12人の市民を殺した光景を示している。殺された中にはロイター通信社の記者2人も含まれていた。

ペンタゴンはビデオが正真のものだと認めたが、この出来事に対する二度にわたる調査でヘリコプターの乗組員は何ら法律違反を行っていないと結論したと述べた。

しかしながら、犠牲者の家族は殺害を行った米軍兵士を法廷で裁くよう要求している。
posted by 益岡 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍が妊婦、政府関係者、ジャーナリストを殺害:民間人殺しの隠蔽

アフガニスタンで、イラクで、占領米軍が民間人を殺しながら、それを隠蔽してきたことがいくつか明らかになっています。【続きを読む】
posted by 益岡 at 21:10| Comment(3) | TrackBack(0) | イラク全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

WHO がファルージャで新生児欠損症の調査を開始

2004年に米軍による攻撃で老人や女性、子どもを含む多数の市民が殺されたファルージャ。しばらく前からファルージャを始め、米軍/英軍の大規模な攻撃を受けた地域で新生児欠損症の多発が報告されています。【続きを読む】
posted by 益岡 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ファルージャの状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。